伊藤博文の暗殺ついて解説!暗殺者や理由、事件の真相とは?

明治42(1909年)10月26日、伊藤博文が旧満州のハルビン駅で暗殺されました。

極東を取り巻く欧米型帝国主義全盛期、日本は地理的にも戦力的にも大国に飲み込まれると致命傷になるため、朝鮮に対し開国及び併合を推し進めている最中に事件は起こります。

青年は処刑されましたが、日本の報復を恐れた多数派により併合は一気に進むことになりました。

この暗殺事件はどのように起こったのか、詳細や理由、暗殺者についても説明していきたいと思います。

スポンサーリンク

伊藤博文とは

伊藤博文は昭和を代表する千円札の肖像画になった人物です。

貧しい身分から最年少で初代内閣総理大臣を4度歴任し、鉄道、電信、郵便、銀行などを作り大日本帝国憲法の草案を作り上げました。

まさしく近代日本を作り上げた明治を代表する政治家です。

伊藤博文とは?子孫や女好き、韓国との関係について年表付きで解説!

2018.03.05

 

伊藤博文の暗殺事件

明治42年10月26日、伊藤博文はロシア蔵相ウラジーミル・ココツェフと非公式会談のためにハルビン市に赴きます。

当時のハルピン市は治安の悪さが背景にあり、車内で会談と宴をする予定でしたしかし、ココツェフがロシア側の列車に招待したので博文は移動します。

その際、ココツェフは敬意を表すために閲兵してもらいたいと希望したので、博文は駅ホームに出てロシア要人らと握手を交わしていました。

その時、暗殺者である安重根が歓迎する群衆に紛れ、10歩という至近距離から7連発銃の全弾を発射し、3発が博文に命中します。

安重根は発砲の数十秒の間に、ロシア兵に何度か捕らえられそうになりましたが、振り払って発砲を続け、最後は自殺を試みようとしましたが、失敗しました。

安重根は連行される際に、ロシア語で韓国万歳と、大声で3回叫んだと言われています。

博文は撃たれてすぐは意識もハッキリしていたようで、「三発貰った、誰だ」と言ってその後列車内で救急処置を受けていました。撃った青年が朝鮮人だと知ると「バカな奴だ」と一言発したと言います。

博文は次第に衰弱して昏睡状態に落ち、約30分後に絶命しました。

 

暗殺者について

暗殺者は、安重根(アンジュングン)という大韓帝国時代の朝鮮の活動家です。

高宗16年7月16日(1879年9月2日)朝鮮の海州で生まれ、生家は地主両班だったので裕福な家庭で育ちます。

学問はあまり得意ではなかったようですが、官僚階級で優秀かつ熱心なカトリック信者である父の影響で、安重根は17才で洗礼を受け、カトリック信者となります。

恵まれた環境で育った安重根ですが、成人後に学校設立など様々な事業を手がけるものの、うまくいきませんでした。

1905年、第2次日韓協約の締結に憤慨して愛国啓蒙運動に加わり、その後、1907年、義兵闘争に参加します。しかし制圧されて、ロシアのウラジオストクに逃れ、ロシアを拠点に抵抗を続けます。

1909年、ハルピン駅で伊藤博文を射殺します。

そして、明治43年(1910年)3月26日、博文の命日かつ亡くなった時と同じ時刻に、32歳だった安重根は処刑されました。

スポンサーリンク

暗殺の理由

伊藤博文を暗殺した理由して、安重根が日本の裁判官の前で話した内容が以下になります。

安重根が伊藤博文を暗殺した理由

  1. 明成皇后を殺害した罪
  2. 1905年11月、韓国を日本の保護国にした罪
  3. 1907年丁未七条約を強制的に結ぶようにした罪
  4. 高宗皇帝を退位させた罪
  5. 軍隊を解散させた罪
  6. 罪のない人々を虐殺した罪
  7. 韓国人の権利を剥奪した罪
  8. 韓国の教科書を燃やした罪
  9. 韓国人たちが新聞に寄与しないようにした罪
  10. (第一銀行)銀行紙幣を強制的に使用した罪
  11. 韓国が300万ポンドの負債を抱えた罪
  12. 東洋の平和を破った罪
  13. 韓国に対する日本の保護政策を糊塗した罪
  14. 日本の天皇の父上である孝明天皇を殺した罪
  15. 日本と世界を欺いた罪

これらの暗殺理由を見てみると、ほとんどが安重根の誤解や無知によるものなのではないかと考えられます。

というのも、例えば「1. 明成皇后を殺害した罪 」に関しては、伊藤博文が関わったという証拠はなく、部下の李周會が「自分が皇后を殺した」と自供しています。

また、「14. 日本の天皇の父上である孝明天皇を殺した罪」に関しても、博文が関わった証拠はなく、そもそも当時の博文は長州にいて宮中に入れる身分ではなかったため、安重根は根拠のない噂を信じていたことになります。

孝明天皇とは?暗殺説や死因、明治天皇との関係などについて解説!

2018.01.31

 

事件の真相

この事件にはいろいろと噂が付きまとっています。それは、安重根が本当に致命傷を負わせたのかという根本的な疑問です。

というのも、実は一番重要な証拠である、銃弾と銃創が違っているというのです。

博文の致命傷となった銃弾は「カービン銃」というフランス騎馬隊が使っている銃の弾でした。しかし安重根は、7連式のブローニング拳銃を使用しており、弾が違うのは、明らかにおかしいことなのです。

また、安重根の自供で、「姿勢を低くして、下から撃った」と言うにはかなり違和感がある場所に銃創がありました。傷は右肩から斜め下に向かっているので、博文よりも高い位置から撃たないとできない傷なのです。

実際、同行者からも「2階から撃った人を目撃した。」と証言が得られているので、銃弾は他からの発砲だと考えるのが妥当です。

歴史的にも安重根が犯人として処刑され決着はついていますが、カービン銃といい、ロシア蔵相がわざわざ外に連れ出した事といい、国家ぐるみの真犯人説も捨てられないと思います。

もし新しい真実が出てきたら、安重根を英雄として扱っている国もあるので、歴史が変わるくらいのニュースです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク