正岡子規とは?俳句や短歌の代表作、野球好きなどについてその生涯を解説!

「柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺」は日本人なら一度は耳にしたことがある俳句ですが、この俳句を詠んだ人物こそが正岡子規その人です。

俳句だけにとどまらず随筆や小説、短歌など多くの分野でその才能を発揮し、日本近代文学に多大な影響を与えました。

そして、意外にも野球の発展にまで貢献した正岡子規の人物像に迫ってみたいと思います。

正岡子規の誕生と学生時代

1867年10月14日伊予国温泉郡(現在の愛媛県松山市)で松山藩・藩士正岡常尚(つねひさ)と八重(やえ)の長男として誕生しますが、父・常尚が5歳の時に他界し、母の実家である大原家の貢献で家督を相続しました。

幼少期は松山藩藩校明教館教授を勤めた祖父・大原観山(おおはらかんざん)が開いた私塾で漢書を学び、小学校入学後は漢詩や戯作にも興味を持ち、1880年(明治13年)には旧制松山中学(現在の松山東高校)に入学します。

その後は受験のために松山中学を中退し共立学校(現在の開成高校)に入学、東大予備門から東京帝国大学哲学科に進み、翌年興味があった国文科へ転科しました。

この頃の友人や同級生が日露戦争で活躍した海軍軍人の秋山真之(あきやまさねゆき)、小説家の夏目漱石(なつめそうせき)、自然科学、特に菌類学の南方熊楠(みなかたくまぐす)などです。

夏目漱石とは?妻や死因、名言や「こころ」などの作品について解説!

2018.10.09

 

新聞記者からホトトギス創刊へ

1892年(明治25年)大学を中退した正岡子規は叔父・加藤恒忠(かとうつねただ)の紹介で新聞「日本」の記者となります。

ここから正岡子規の本格的な文芸活動が開始されていくのですが、その前に1895年(明治28年)4月、前年に勃発した日清戦争の従軍記者として遼東半島に渡り取材活動を開始しようとします。

日清戦争とは?原因や勝因、賠償金や日露戦争との違いについて解説!

2018.11.01

しかし、すぐに日清講和条約締結によって戦争が終結、5月には帰国の途につきますが、船中で大量の吐血により意識不明の重体となり、帰国後すぐに神戸の病院に入院、そのまま須磨の保養施設で療養して故郷松山へ帰ることになりました。

松山に帰ると教師として赴任して来ていた夏目漱石の下宿に上がり込み、俳句の研究に没頭して俳句会を開いたりしました。

自身が肺結核で血を吐いたことにより、血を吐くまで鳴き続けるホトトギスと自分を重ね合わせ、1897年(明治30年)に俳句雑誌「ホトトギス」を創刊、ホトトギスの漢字表記である「子規」を自分の俳号として正岡子規と名乗るようになりました。

 

正岡子規の晩年と死因

松山に帰って精力的に俳句研究に打ち込んだ正岡子規を病魔は躊躇なく蝕み続け、1896年(明治29年)には脊椎カリエス(脊椎を結核菌が侵食する病気)が判明、この後に外科手術を何度も受けますが、病状は悪化しお尻や背中から膿が噴き出し、歩行も困難となります。

1899年(明治32年)には座ることさえ困難になり、死去するまでの3年間はほぼ寝たきりとなってしまいました。

それでも正岡子規の文芸に対する情熱は病に屈することなく1898年(明治31年)に「歌よみに与ふる書」を新聞「日本」紙上で発表、1899年(明治32年)3月には、自らが主宰した根岸短歌会で江戸時代までの形式的な和歌を否定し、短歌の改革を促進しました。

しかし1902年(明治35年)9月、約7年にも及ぶ闘病生活の末、正岡子規は34歳でその生涯を閉じました。

 

辞世三句

辞世の句①
糸瓜咲て痰のつまりし仏かな
辞世の句②
痰一斗糸瓜の水も間にあはず
辞世の句③
をとゝひのへちまの水も取らざりき

正岡子規の代表作

俳句

俳句①
柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺

生涯で20万句を詠んだと言われる正岡子規の句の中でもっとも有名なものです。

この句は松山での療養生活の面倒や奈良への旅行の面倒を見てくれた夏目漱石が詠んだ「鐘つけば 銀杏ちるなり建長寺」への返礼の句として作られたものです。

俳句②
鶏頭の十四五本もありぬべし

正岡子規が詠んだ句の中で駄作と秀作との評価が真っ二つに別れる作品で、昭和20年代から俳人、歌人、文芸関係者の間でいまだに論争が続いている俳句です。

 

短歌

短歌①
松の葉の葉毎に結ぶ白露の置きてはこぼれこぼれては置く

この短歌を詠んだとき正岡子規はすでに寝たきりとなっていました。

その時に庭先にある松に雨が降り注いでいるのを見て詠んだものです。

短歌②
いちはつの花咲きいでて我目には今年ばかりの春ゆかんとす

いちはつの花が咲き始めたのを見たが、病の事を考えると来年これを見ることは出来ないだろう。

私にとっての最後の春が今まさに去っていこうとしているのだ。

死期が迫って切るなかで自分の運命を悟った正岡子規が詠んだものです。

 

正岡子規とベースボール(野球)

正岡子規は野球の名付け親と誤解されているほどの野球好きで、ユニフォーム姿の写真に「球と球をうつ木を手握りてシャツ着し見ればその時思ほぬ」の短歌を添えて飾るほどベースボールにのめり込んでいました。

ちなみに1894年にベースボールを野球と名付けたのは元野球選手の中馬庚(ちゅうまんかなえ)と言う人物です。

正岡子規は1889年(明治22年)に吐血するまで捕手としてプレーを続けており、その後も野球の試合観戦は時間と健康が許す限り続けていました。

バッターを打者、ランナーを走者、ストレートを直球などベースボール用語の翻訳案を公表したり、「まり投げて見たき広場や春の草」などの俳句や短歌を詠んで日本に導入された新しいベースボールというスポーツの普及に文学を通じて貢献しました。

これらの功績が認められ、2002年に正岡子規は新世紀特別表彰者として野球殿堂入りを果たしています。

 

正岡子規の逸話

真偽のほどは不明ですが、正岡子規が残した伝説的逸話をいくつか紹介します。

逸話1

正岡子規が東京帝国大学哲学科から国文科へ転科したのは、夏目漱石の友人・米山保三郎(よねやまやすさぶろう)と話をして哲学のことが全く理解できず、自分には向いてないと思ったからだと言われています。

また英語が大の苦手で、試験ではいつもカンニングしていたとも言われています。

最終的に東京帝国大学を中退したのは、正岡子規の学びたいものと大学での勉強が噛み合わなかったからかもしれません。

逸話2

「月並み」という言葉は本来は毎月、月ごとという意味で使われていたのですが、正岡子規がつまらない俳句や短歌を「月並み調」と批評したため、「陳腐な、平凡な」という意味でも「月並み」という言葉が使われるようになったと言われています。

 

正岡子規まとめ

34歳というまさにこれからという年齢でこの世を去ることとなった正岡子規は、夏目漱石が世にでるきっかけを作ってやったり、俳句や短歌では後身の指導や新しい形を求めて精力的に活動し、明治以降の近代文学の発展に多大な影響を与えました。

しかし正岡子規の批評や俳句、短歌の改革に対しては反対意見も多く、問題点も数多く指摘されています。

ただ散文(5・7・5などの韻律にとらわれない文章、小説や評論文などのこと)に関しては、正岡子規なくしては確立しなかったとの評価は動かしがたいようです。

批判的な評価も賛美する評価も並び立つ事こそが、多くの分野で才能を発揮した正岡子規の実像を体現していると言えるのかもしれません。